「グーグルマップ」に載っていないと言われました?!

疑問にお応えします画像説明
この記事は約16分で読めます。

突然だけど、わたしお店を経営しています。この間お客様からグーグルマップに載っていないって言われたのです!。

グーグルマップって何ですか?

グールマップは地図を表示するアプリですよ!。
知らない場所で、道順を調べたりするのに役立ちます!。

(ここではわかりやすくアプリと呼ばせて頂きます)

このアイコンからアプリを開きます!

 

それから知らない場所で「お店を探す」ことができるなど、とても便利なアプリです。

そういえばスマホを使って、街中で良く道を調べてる人がいるけど!。
あれはグーグルマップを使って歩いているの?。

「Googlemapで道順」の画像検索結果

 

たぶんそうですね。でも歩いて道を調べるだけではなく、カーナビや電車の経路など、遠くから目的地を調べてたどり着くこともできるのですよ。

 

古いカーナビだと、新しい道が載らないこともあるけど、グーグルマップは常に最新の道が表示されるし無料ですから、使う人が多くなりましたね!。

そうだ、私の友達も車にスマホを付けて使っていますね。
で、他にも使うメリットがありますか?。

 

はい!先ほど書いたように、道案内だけでなく今から行きたいお店を探すのに使う方が増えています。
蕎麦屋検索
例えば、ランチに行くのに
「近くのお蕎麦屋」とか
「ピザの店」。

 

 

夜は「ワインのお店」とか「フレンチレストラン」「2次会の場所」とかも調べますね。

お客様はその場所に着いてから、急いで調べることが多いので

「お花屋」とか、お土産を買うのに「ケーキ屋」さんなど!。

関連画像
「フリー素材 ヨガ」の画像検索結果反対に、じっくり探すこともあります。
特に新しく引っ越してきた方は「近くの美容室」や「クリーニング店」または「魚屋」や「お肉屋」など。「商店街」も!。

あるいは「ヨガ教室」や「マッサージ店」など。あらゆる業種を探すのに使うようになりました。

詳しくはGoogle公式ページへ!
https://www.google.com/intl/ja/maps/about/

 

 

私の母や妹も新しい所や、並ばないと買えないお店を見つけてくるけど、グーグルマップを使っているのかも?!。

関連画像

 

ですね。スマホは男女ともよく使いますし、特に女性は新しいお店を探すのがうまいですね。
近頃では、お友達との「口コミ」だけでなく、グーグルマップから調べて「評判や口コミ」を見てから、お店を選ぶ方が増えましたから。

そうそう、口コミ大切ですよね。私もホテルや温泉に行くときは、ネットの「口コミ」を参考にして決めますね。★の数も参考にします。
せっかくお金と時間を使うので、失敗したくありませんから。

関連画像

皆さんそうですよね。
ところでお店では「口コミ」対策していますか?

オーナーさんは「口コミ」を参考にして選ぶのに、ご自分のお店の「口コミ」は無頓着という方が多いです。「口コミ」には対策も必要になります。まず良い口コミを書いて頂くようにすること。

 

そして、色々なお客様が来ますので、どうしても悪い印象を持たれるお客様が居るのもしかたありません。問題になる口コミが投稿された場合どうするのか?。私たちは定期的に「口コミ」を見て報告させて頂きクライアント様に対策をお願いしています。

話がもどりますが、特に分かりにくい路地や場所にあるお店にマップ掲載が有効です。地下や2階以上の階にあるお店を案内するのにグーグルマップは役立ちますね!。
「地下の店」の画像検索結果
お店の中が見えないと、お客様は不安ですから、お店の写真などがあると入りやすくなります。

 

そういえば、1階のお店でもグーグルマップで道案内したら、裏口が表示されていて、表口を探すのに苦労したという話もありました。

やはりお店が選ばれるポイントは、情報が正確に書かれていること。そしてイメージが伝わる写真が載っていることです。

 

あと営業時間や連絡先がはっきり掲載されていることが大切ですね。
もちろんホームーページがあったほうが分かりやすいと思います。
お客様によってはより詳しく調べる方がおります。「詳しく魅力が伝わらない」とご来店までつながらないですね!。

 

もし現在ホームページがないのであれば、グーグルマップ上では簡単に無料でホームページが作れるサービスもしています。
あるいは当社では無料で簡単に自分でつくれるものをご紹介もしております。

またお客様は、そのエリアで自由な言葉で検索をします。
業種名で検索したり、店舗名で検索したり。あるいは「可愛い雑貨屋さん」と検索するかもしれません。

 

そうした検索言葉を「検索ワード」と言いますが、そこで検索されなくて見つけられないと、調べている方からしれば「お店が無い」ことになってしまい、はじめから選択対象にならなくなってしまうのです。

 

実は、お店のオーナーはそのことを知らないんです。検索されていないこと自体を知らないので、なぜ新しいお客様が来ないのかわからないのですね。そこが怖い事ですね~。
みつからない画像

 

そういえば、先日ご相談がありました。
女性の方で、東京の半蔵門でお仕事があったそうです。約束の1時間前に着いてしまい、喫茶店で時間調整しようとグーグルマップで「近くの喫茶店」と探したそうです。近くには4~5店の喫茶店があり、暑かったけど数百メートル歩いて行ってみたらお休みだったそうです。結局3件行ったけど全部お休み。運悪く日曜日でオフィス街はやっている所が見当たらなかったそうです。3件ともマップ情報に「営業時間や定休日」が無かったそうです。もし情報が掲載してあれば「休業日、営業時間」が出ていたのに。

 

その方にすれば「暑い中わざわざ行ったのに!。」と思われたそうです。結局、歩いている間に時間が過ぎたのであきらめたそうですが「汗ビッショリ!(ー_ー)!!」
「暑い」の画像検索結果

仕方ないことですが、やはりイメージは良くないですね。
そして、そんなお客様が居たことをお店の方は知らないですね!。

 

「お客が勝手に来たのだから仕方がない」と考えるか「お店がオーナーとして管理していないから申し訳なかった」と考えるか?!。
商売の姿勢ってなんなのでしょうか?。というお話しを受けました。

あ~!そういうこともあるんですね。マップに載らないと見つけてもらえないというデメリットだけではなく、知らないうちに当店に来て頂けるお客様にご迷惑をかけてしまうこともあるんですか~!。
知らないということは怖い事ですね。

 

確かに今は商売だけでなく、何事も丁寧に、親切に、誠意をつくして!。という社会になりましたから「知らなかった!ではイケない」かもですね。

はい!。グーグルマップだけでなく、こうしたネットが普及した情報社会では広告ということだけでなく、広い意味での告知とか広報という意味で広く皆様に、そしてお客様に知らせることが、店舗の姿勢を表すという意味でも必要になってきました。

 

ですね!。コンプライアンス社会とか聞きますし~!。急に時代が変わったような!。ネット社会は難しくなりました!。

ネットは技術だけでなく、それにより文化や習慣も変わってきたのですね。何とかしないと置いて行かれてしまう危機感を感じます(・_・;)。

 

もちろんお客様にも来て頂きたいしー。ですがどうやってマップに掲載したり、管理したりすれば良いのかわかりません。

 

また人手も少なく、私がやっている時間も無いし、従業員にやるように言っても、たぶん仕事が増えて嫌がるかも?。できないかもしれないし~~~(ー_ー)!!

「困った顔 イラスト」の画像検索結果

そう言われる経営者の方が多いですね。
経営者だけでなく、多くの方々が感じている不安ではないでしょうか?。

 

確かにご自分でもできるかもしれない?。でも不慣れなことに時間を使うより、自分のご商売に力を入れた方が効率が良いと言います。

 

同じように私たちは、グーグルマップ掲載を商売にしています!。だから慣れていますし、効率よく結果をあげることができるんです!(^^)!

それも「店舗の経営者様だけ」に特化して行っていますので、一般のネット会社よりきめ細かく、どこよりもお手頃な料金でサービスをさせて頂いております。

 

何より、私自身永い間、お店の経営をして、お客様と接っしてまいりました。ですからお客様の立場で、ご来店頂くポイントが少しはわかっていると思っています。何より大切なことは「お客様目線に立つ」と思います。

 

大会社や例えば訪問販売、営業職のように出向いて行く商売ではなく、来て頂く商売に応じた魅力表現があると思います。

たしかに!。
店舗はお客様に来て頂くわけですから、外に出向く仕事とは違いがありますね~~

はい!

 

しかし近頃のネット社会では事情が変わってきたような?!。
店舗はどうしても「待ちの商売」というスタンスになりますが、近頃のネットやSNSにより、こちらから発信する~。

 

分かりやすく言えば「攻めの商売」ができるようになってきています。

このマップもそうですが、検索して見つけて頂くという所まではお客様にお任せですが、そこから先の魅力を訴えるなどは、今までは紙媒体でやり結果が分かりにくかったものです。

それが格安で時間を掛けずにでき、効果も分かるようになりました。

次に、ひとつの実績を掲載します。

これは、私どもがさせて頂いた、地方都市にある美容室のものです。
開店から19年経ち、すでにグーグルマップに記載がありました。そのため最初から閲覧数がありましたが、ビジネスオーナーとして管理せず、オーナーとして写真やコメントも載せていなかったお店です。

[ 最初の状態です ]
実績1
この数値は、過去1ヶ月間のもので、常に更新されます。

閲覧数とは、Google検索やマップ検索で見て頂いた数。
検索数とは、何かのキーワードで検索して頂いた数。
アクティビティとは、閲覧した方が、写真を見たり、電話を掛けたりして何らかのアクションを起こした数です。

 

私どもに依頼があり、始めに数点の写真掲載と営業時間などを整えさせて頂き、2日目の数値です。

実績2

その後、ロゴマークを頂き、説明文などを載せさせて頂きました。
上の写真からは6日目。導入頂いてから8日目の実績です。
実績3

いかがですか!。
お店の歴史や場所により伸び率は変わりますが8日間。約1週間でかなり数値が上ってきています。

 

閲覧数は650件増えていますし

特に大切なアクティビティで730件も増えました。

 

問合せの電話や予約も少しずつですが上がってきているそうですが、客数増加の実績がわかるのはこれからです。

まず目に触れることが大切です。

 

その他にもSNSで集客する攻めの方法は色々ありますが、まずはダイイチに店舗商売はグーグルマップに掲載することが近道だと考えます。

こんなに即結果が出るとは知りませんでした (*_*)!。
眼が点です~!。

でこの数値は「ドンドン増えて、お客様がドンドン来る」ものですか?

正直、ドンドンは増えません (・_・;)。
先ほど言いましたように、過去1ヶ月間の実績です。累計ではないですし累計したのでは、現在がわからなくなるので。

ですから、放置していると下がってしまいます。

ですから私どもでは、無理の無い程度の3ヶ月を設定し点検してご報告するサービスを行っています。

 

もちろんこの数値は、クライアント様のスマホで確認できます。
またお忙しく、ご面倒な場合は私どもから報告させて頂いております。

いかがでしょうか。

 

今までの紙媒体による広告では、このような実績や「効果としての目あす」がわからなかったのですが、ネット効果は実績としてわかるようになり、次のプランが立てやすくなってきたのが特徴です。

もしチラシなどで同じ効果を狙うとすると、それこそ何十万円掛かるかわかりませんね?!。

 

なるほど、ネット広告やグーグルマップの意味がわかってきました。

そして私どもでは、掲載サービスをさせて頂く時、マップに掲載する目的をお聞きします。

 

例えば「ブランドを強化したいのか?」「新らしいお客様に来て頂きたいのか?」「再来のお客様を増やしたいのか?」「高単価の商品やサービスを販売したいのか?」など。それにより写真や説明を変える必要がありますから。

 

その目的に応じたコメントや写真選びなどをアドバイスさせて頂き、お客様に魅力を届けるようなマップ掲載を心がけています。
曖昧な言い方ですみません。「必ず新規客が増える」とか、そういう出来ないことを言うつもりはありません!。

 

やはりご商売の魅力はお店の方にお創り頂かないと。私たちはそのお手伝いをさせて頂くことができれば幸いです。

正直ですね!。
安心できますが、家の店は単価を上げたいと思っています。

では、参考になるかどうか?。
どんなお仕事でも、世界にひとつの方程式があります。

売上=客数(既存客×リピート率+新規客)×客単価

この方程式を達成するコツですが、私どもはこう考えます。

「それぞれの要素を一度に求めるのは難しい」ということです。

店舗商売の場合、できる時間やマンパワーが限られています。いちどにやろうとすると失敗することが多いようです。

 

例えば、客数をあげるために新規客を集めたければ、まず2ヶ月~3ヶ月そのことに集中します。結果が出たら次のリピート率をあげる。次に客単価をあげる。という方法が良いと思います。

 

売上増加をするには(開店、改装時以外)ただ値下げをしたり、キャンペーンをすれば良いのではなく、お客様に理解して頂ける範囲でサービスをし続けることだと思います。

 

ですから、ある程度の期間はグーグルマップに力を入れたり、ネットによる販売促進が必要になると思います。

私どもの掲載サービスが、2ヶ月単位で確認や変更を行うのは、そうしたマーケティングの考え方だからです。

なるほど、なるほど。
そういう考え方もあるのですね!。
では家はまず既存のお客様の定着やリピート率からやった方が良いかな?!。

 

お店の場所は、よくある人口減少で徐々にお客様が減っているので気になっていました。
ということは、何をすればお客様が増えるのでしょうか?

具体的な場所が分からないと何とも言えませんが、例えば人口減少と同じくらいお客様の数が減っているとすれば、人口の問題ですよね。
人口減少数よりお客様を増やさなければ、客数は増えませんね。

 

方法は2つあるのでは?!。
新規のお客様に来て頂くこと。人口の流入が少ないのであれば、競合店より魅力的なお店づくりと広告ですね。広告は読んで字のごとく、魅力を広く告知するものですから、伝えたい魅力をハッキリさせて、しばらくはそこに集中することが大切かと!。

 

もうひとつは、リピート率をあげることですよね。ご商売内容がわかりませんが、もしも物販ならやはり品揃えではないでしょうか?。
話題の商品や新商品。または従来の商品でも新しい使い方や利便性をアピールするのも手かと?!。

 

もちろんリピート率をあげる方法はたくさんあります。

これはグーグルマップだけでは叶いませんが、ネットマーケティングでは失脚率を抑える方法、再来期間を短くする方法など、目的に応じた様々なサービスが用意されています。

 

当社は、まずマップ掲載サービスからですが、将来メニューに加える予定ですのでその時ご検討下さい。

 

何かできそうな気がしてきました!。
料金はおいくらですか?

先ほど言いましたように、お店に特化したサービスですから、都度目的に応じた文章作成アドバイス、コメントや写真掲載アドバイスをお付けしたサービスでは最安値を目指しています。

 

詳しくは料金表をご覧頂けたらと思います。

https://map.nhp.world/%e6%96%99%e9%87%91%e8%a1%a82/

 

ただ、誤解があってはいけませんので、最初にお断りしておきます。
聞いたことがあると思いますが「検索で上位に表示させるSEO対策」というのがあります。

 

マップで上位に検索表示することをMEOと言います。通常上位3位に表示することを目標とし、月額3万円~が相場となっているようです。これはどれくらい広い地域で3番まで入るかということになりますが、クライアント様の地域が「市」単位で、競合店が1000店あったとします。その中で上位3位に入ること!。実現したら素晴らしい。

ですが、店舗にとってそのことがどれだけの価値があるでしょうか?。
多きなスーパーやハイブランドのショップなら話は別ですが、その場合競合店数はさほど多くありません。

 

お客様の「お店の商圏」はどれくらいでしょう?。
職種によりますが、例えば最寄商売の場合はお客様のご自宅から1Km程が通常ですね。最寄商売の店舗に行くには自宅から10分程度というお客様が多いものです。徒歩でも、自転車でも、車でも10分です。徒歩で10分だと1Km位。自転車では1.5km。車では3Km程ですか?。高低差もありますので平均1~2Kmが商圏となると思います。

 

であれば私どものクライアント様である店舗では「市」「区」単位で上位に上がることに経費を掛けても、あまり意味が無いと思っています。

その代わり費用は10/1~8/1程。そして最寄りのお客様に魅力を伝えることに特化しながら永いお付き合いをお願いしたいと考えております。

 

ですから当社ではMEO対策は基本的には行いませんが、今までさせて頂いた店舗は結果的に上位表示されているお店も多くあります。またもしMEOのご要望があれば、私どもでお調べした会社様をご紹介させて頂けると思います。

長くなってすみません。付け加えさせて頂きますが、
当社は「ネット関係をリアルにする会社」を目標にしています。

 

いまのように日進月歩で変化するネット社会、そこでつながるネット関係をリアルな体験を通じてリアルな関係を築き、喜んで頂くことが目標の会社です。

なるほど。現代的な目標の会社なのですね。
MEOはしないけど、費用が10分1に近いとは!。

なら、私の店でもお願いできます。ぜひよろしくお願いします。

ありがとうございます。

最後にすみません。もう一つ言い忘れました。

 

私どものサービスは、商圏を区切ったエリアマーケティングを大切にしています。

 

ですから先に申込みがあった店舗様の1Kmエリア(半径500m)内の同業種様は受付をしないというエリア制とさせて頂いております(特別な人口密集地域は別途)

 

受付け順で先に登録頂いたクライアント様が無いかお調べしてからお受けさせて頂いておりますので、ご理解よろしくお願いします。

また、国内であれば(規約にある業種を除く)、全業種の店舗様の受付をさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

タイトルとURLをコピーしました