どんな業種の店舗に向いていますか?

業種1説明
この記事は約2分で読めます。

まず結論から・・・・・
   「お客様に来店していただくお店であれば、どのような業種でも」
            Googleマップ掲載することにメリットがあります。


 

日本には本当に様々なご商売やお店がありますが、Goolgeマップは文字どおり地図掲載によるネット検索サービスですから、地図に掲載することが広告になる業種すべてが対象となります。

多くのお客様や、人が集まる店舗や施設に有効です。
そして商圏(エリア)が絞られる業種ほど伝えやすいという特性を持っています。

例えば大きく業種を区分すると。飲食業、物品販売業、公衆衛生サービス業、旅行宿泊、娯楽業、医療、教育、不動産業など多岐にわたりますが、ひらたく言えば商店街にある様々な店舗が地図上で案内が必要となります。

反対に申し上げると、地図に載らず検索されなければ、検索している方からすれば「お店の存在」そのものが分からない。お店からしても知らないうちにデメリットになっているということになってしまいます。

このホームページを見て頂いている店舗経営者様はどのような業種でしょうか?。

もう少し具体的に業種をあげてみます!

飲食業、スーパー、コンビニ、生鮮品店、化粧品店、衣料品店、書店、雑貨店。
サービス業では、美容室、理容室、エステ、ネイル、鍼灸マッサージ。
医療関係では、病院、歯科医院、調剤薬局。教育関係では、学校、塾、教室。
そのほか、ジム、娯楽業、ガソリンスタンド、駐車場、金融業など。

あらゆる店舗にとって、地図上で場所をご案内する必要があると思います。

他のページにも書かせて頂きましたが、特に「わかりにくい場所」「地下」「2階以上」にある店舗にとっては店舗場所の案内や、安心してご来店いただくために努力なさっていることと思います。
グーグルマップでは、事前に経路を案内し、詳しい情報を文章と写真。場合によっては360°映像などで情報を提供できるため、場所的なマイナスをかなり埋めることができるようになりました。

ネットマーケティングは、まずネット上で信頼をして頂くことが第一のハードルです。
ビジネスとお客様の関係 (BtoC:Business to Consumer)の代表である店舗ビジネスにおいて、どのように信頼を築くか?。どのように魅力と安心をお伝えするのか?!。
わたくしどもにそのお手伝いをさせて頂きたいく存じます。

タイトルとURLをコピーしました